宝くじ

宝くじの購入には年齢制限がある?当選時の受け取り方法についても詳しく解説

宝くじで高額当選して、億万長者になりたいと誰もが一度は夢見たことがあるでしょう。

お金は生きていくうえで必要不可欠なので、大金を手に入れて豊かな生活をしたいと思いますよね。

しかし、宝くじはそう簡単に当たるものではありません。

また、宝くじはギャンブルの一つと考える方もいるはず。

ギャンブルという点で考えると、未成年は購入不可など年齢制限について気になる方もいるでしょう。

宝くじには、年末ジャンボ・ロト・ナンバーズなどさまざまな種類があるので、商品ごとに年齢制限があるかどうかも気になりますよね。

本記事では、宝くじの購入に年齢制限はあるのかどうかについて紹介します。

売り場とネット購入で年齢制限に違いがあるのか・当選時の受け取り方法などについても解説しているので、ぜひ最後まで読んでいただけますと幸いです。

無料で宝くじの当選率を上げる方法

今だけ期間限定で、金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

2022年、宝くじで大当たりを当選したい年にしたいなら今のうちから始めておきましょう!

裕福な生活を送りたい方は、最強に効く金運占いで金運アップを呼び寄せてみてください。

\ 無料で金運爆上がり!!/
▽宝くじ大当たり続出中!!▽
▼金運占いはこちらをタップ▼

月相の金運成就

宝くじを購入できる年齢を知っておこう


宝くじはギャンブルの一つと考える方が多いので、年齢制限があると思っている方が多いでしょう。

購入できる年齢を知っておくことで、未成年でも宝くじを楽しめるかどうかが明確になります。

次に紹介する2つの内容を読んで、事前にチェックしておきましょう。

  1. 宝くじの購入には年齢制限がない
  2. 未成年でも宝くじを購入できる

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

宝くじの購入には年齢制限がない

まず、宝くじの購入には基本的に年齢制限がありません。

そのため、未成年が宝くじを購入しても問題ないですよ。

宝くじ以外のギャンブルは、法律によって未成年が参加したり楽しんだりするのは禁止されています。

年齢制限が設けられているギャンブルの代表例は、次のとおりです。

  1. 競艇
  2. 競馬
  3. パチンコ
  4. オートレース

上記のギャンブルに関しては年齢制限があるイメージを持っている方がほとんどでしょう。

一方で宝くじの『当せん金付証票法』には、年齢制限について記されていないのです。

そのため、未成年でも宝くじを購入して楽しむことができますよ。

小学生・中学生、さらには赤ちゃんでも宝くじを購入できると考えると、未成年の方にも億万長者のチャンスがあるということですね。

未成年でも宝くじを購入できる

宝くじを購入しようと思ったら、まず売り場に出向きますよね。

結論からいうと、未成年でも宝くじを売り場で購入することはできます。

しかし、売り場によっては自主規制している場合もあるので注意が必要です。

法律では禁止されていないにもかかわらず、売り場で宝くじを購入できないのは、矛盾が生じますよね。

というのも、パチンコは基本的に18歳未満(18歳でも高校生なら対象)の入店を禁止しているなど、ギャンブル全般に年齢制限が設けられていることが関係しています。

売り場が18歳未満の未成年に販売の自主規制を行っているなら、購入者は従わないといけませんよね。

矛盾を感じるかもしれませんが、未成年で宝くじを購入する際は、自主規制をしていない売り場を見極めて買う必要があります。

当サイトには、宝くじを買うのにおすすめな日を紹介した記事もあります。

高額当選者には、縁起の良い日に宝くじを買うという特徴があるのをご存じですか?

実際に高額当選した方がどんな日に宝くじを購入しているのかチェックして、ゲン担ぎとして参考にしてみてください。

>>【開運】宝くじ買う日はいつがいい?当たりやすい日、縁起の良い日を紹介

開運ねこ
【開運】宝くじ買う日はいつがいい?当たりやすい日、縁起の良い日を紹介本記事では、宝くじを買う日はいつがいいのか・当たりやすい日や縁起が良い日を徹底解説します。ほかにも、宝くじで高額当選するコツも紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。...

ネットで宝くじを購入する際の年齢制限はある?


最近では売り場だけでなく、ネットでも宝くじを購入できます。

ネットで宝くじを購入する場合、会員登録が必要なので売り場で購入するよりも年齢制限を気にする方が多いでしょう。

ここでは、ネットで宝くじを購入する際の年齢制限について詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

ネットでの宝くじ購入には年齢制限がない

宝くじをネットで購入する際も、法律で定められていないので、未成年でも買うことができます。

そのため、宝くじをネット購入したいと考えている未成年の方でも、安心して利用できるでしょう。

宝くじの購入に関しては、未成年がネット利用するのに問題はないので、学校が忙しくてなかなか売り場に行くことができない方にピッタリですよ。

売り場に行く余裕がない未成年の方は、ぜひネットで宝くじを購入しましょう。

しかし、未成年が宝くじをネット購入する場合、気をつけるべき点があるので、次に解説する内容もしっかりチェックしてください。

未成年でもネットで宝くじを購入できる

未成年でも宝くじのネット購入は可能と解説しましたが、注意点があります。

そもそも、購入サイトのほとんどは未成年が会員登録できないようになっています。

実際、宝くじ公式サイトを見ると20歳に満たない方は登録できません。

宝くじ購入に関して年齢制限はないものの、ネットでは事実上、未成年は禁止されているといっていいでしょう。

当選金を受け取る口座番号などの個人情報を登録しなければならないので、年齢を詐称することもできません。

「未成年でも宝くじでネット購入できる」という内容と矛盾が生じますよね。

しかし、親にアカウントを作ってもらい購入することはできます。

その点で、未成年はネットでも宝くじを購入できるといえるのです。

もし未成年で宝くじをネットで購入したい場合は、親に頼んでアカウントを作ってもらいましょう。

さらに少しでも幸運を引き寄せたい方は、今だけ期間限定で金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

2022年をお金に恵まれる一年にしたい方は、今のうちから始めておきましょう!

≫プロの金運占いが今だけ無料!2022年をお金に恵まれる最高の年にするには?

宝くじの当選金受け取り方法は年齢や金額によって異なる


売り場で未成年が宝くじを購入し、当選するパターンもあるでしょう。

大人が宝くじで当選した場合、難なく受け取りが可能です。

しかし、未成年が宝くじで当選すると、受取方法はどうなるのか気になる方が多いはず。

実は、当選金の受取方法は、年齢や金額によって異なるのです。

ここでは、未成年の当選金受け取りについて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

金額によって受け取り方法が異なる

宝くじに当選した場合、そもそも金額によって受け取り方法が異なります。

未成年であっても成人であっても、受け取り方法は変わりません。

しかし、未成年の場合は金額によって一人で受け取りできないパターンがあるのも事実です。

次の5つに分けて、当選金額別の受取方法や未成年が受け取る場合について詳しく紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

  1. 1万円までの当選金額
  2. 5万円までの当選金額
  3. 50万円までの当選金額
  4. 50万円以上の当選金額
  5. 100万円以上の当選金額

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

1万円までの当選金額

当選金額が1万円までの場合、売り場での換金が可能です。

どの売り場でも換金できるので、購入したくじを持ってお店に行きましょう。

未成年の場合、売り場の自主規制があると難しいかもしれませんが、少額のため対応してくれる場合が多いです。

特に300円などの少額になると、わざわざ自主規制する必要もないと考える店舗が多いことから、売り場が対応してくれる可能性が高いといっていいでしょう。

未成年で宝くじを購入して少額当選した場合は、安心して売り場で換金できると思って大丈夫ですよ。

5万円までの当選金額

5万円までの当選金については、売り場によって受取方法が違うので注意してください。

「5万円マーク」があるお店だと、売り場で当選金を受け取れます。

しかし、「5万円マーク」がない売り場だと、みずほ銀行の本支店でないと当選金を受け取れません。

売り場での換金なら、未成年でも受け取れる可能性は十分あります。

一方、銀行で換金する必要がある場合は、未成年にとって受け取りのハードルが上がってしまうでしょう。

銀行には、年齢確認や受け取りする際のサインなどがあります。

そして、そもそも銀行はお金を管理する場所なので、未成年に対して何かお金のやり取りをすることに対して、規制がかけられているパターンもあるでしょう。

もし、未成年で5万円までの当選金が当たった場合、5万円マークの売り場を探して換金したほうがいいかもしれませんね。

50万円までの当選金額

50万円までの当選金額を換金する場合、宝くじの裏面に名前と住所を記載する必要があります。

どこの誰が受け取るのかを明確にする必要があり、本人確認にもつながるので、未成年のハードルがグッと上がるでしょう。

仮に親に内緒で受け取りに行ったとしても、バレるリスクが高まるので、当選金をコッソリもらうのは困難といえます。

50万円以上の当選金額

50万円以上の当選金額を受け取る場合、顔写真付きの身分証明書が必要です。

保険証など顔写真がない身分証明書しかない場合は、追加書類を出す必要があります。

顔写真付きの身分証明書の代表例は、運転免許証やマイナンバーカードが挙げられます。

運転免許証を持っている未成年は少ないので、顔写真付きの身分証明書に使うならマイナンバーカードを利用する方がほとんどでしょう。

しかし、未成年にとって50万円以上の金額は、まさに大金です。

売り場がそもそも18歳未満の未成年に対して、販売規制を行っている場合が多いので、当選したとしても断られる可能性が高いでしょう。

そのため、未成年で50万円以上の当選金額が当たった場合は、親に同行してもらうのが必須といえます。

100万円以上の当選金額

100万円以上の当選金額が当たった場合、身分証明書に加えて本人の印鑑が必要です。

未成年で本人の印鑑を持っている方は少ないはず。

そして、先ほど解説したように売り場の自主規制により、未成年だけでは対応してくれない可能性が高いので、100万円以上が当たった場合は同行者に親を連れて行きましょう。

このように、宝くじの当選金受け取りは、金額によってさまざまです。

少額なら未成年だけでも受け取り可能ですが、基本的に5万円以上の当選金になると、ハードルが上がって難しくなると考えてください。

当サイトには、宝くじが当たりやすい人の特徴について紹介した記事もあります。

気になる方は、下記記事もチェックしてみてください。

>>【徹底解説】宝くじが当たりやすい人の特徴を紹介!当たりやすい誕生日や血液型は?

【徹底解説】宝くじが当たりやすい人の特徴を紹介!当たりやすい誕生日や血液型は?本記事では宝くじが当たりやすい人の特徴について紹介します。当たりやすい誕生日や高額当選者に共通する宝くじの購入方法なども解説するので、ぜひ最後までご覧ください。...

宝くじの当選金を受け取る時は年齢確認あるの?


宝くじの当選金を受け取るときは、年齢確認される場合があります。

そもそも販売のときに自主規制を行っている売り場なら、受け取りの際も本人確認するでしょう。

また、身分証明書が必要な当選金が当たった場合、書類でそもそも年齢確認されますよね。

大金を渡す際に未成年と分かってしまうと、保護者の同伴を求められるでしょう。

保護者に同伴を頼まれると、財産管理によって親のお金になるのではないかと心配になる方が多いはず。

確かに、民法で親権者には子どもの財産を管理する権利が定められていて、保護者からの同意がなければ未成年は当選金を使うことができません。

しかし、民法で定められているのは管理の面だけであって、もらった当選金は未成年者である子どものものに変わりありません。

親が勝手に当選金を使うと、違法になってしまいます。

高額当選したからといって親に取られてしまう心配は無用なのです。

特に高額当選した場合は、年齢確認が絶対にあるので、隠さず親に話して同伴してもらいましょう。

他のくじでの年齢制限や受取方法について


今まで紹介してきた内容は、年末ジャンボなど宝くじを買うだけで参加できる商品についての年齢制限に関する解説でした。

宝くじには、ジャンボ宝くじのほかにも、ロトやtotoなどさまざまな商品があります。

実は、商品によって年齢制限の有無があるのはご存じですか?

続いては、他のくじでの年齢制限や受取方法について、次の4つに分けて紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

  1. ロト6の購入には年齢制限がある
  2. totoの購入には年齢制限がある
  3. BIGの購入には年齢制限がある
  4. ナンバーズの購入には年齢制限がある

それでは、それぞれの項目について詳しく解説します。

ロト6の購入には年齢制限がない

ジャンボ宝くじと同等の人気を誇るロト。

なかでもロト6は人気商品となっています。

ロトには年齢制限はありません。

ジャンボ宝くじと同様に、『当せん金付証票法』に年齢制限の記載はないので、誰でも購入することができますよ。

しかし、先ほど解説したように、売り場によって18歳未満の未成年に販売をしない自主規制をしている場合もあります。

また、当選したとしても保護者の同行が必要になる可能性が高いので、一人で購入するのは実質難しいと思っていいでしょう。

totoの購入には年齢制限がある

totoは『サッカーくじ』とも呼ばれ、Jリーグの勝敗を予想する宝くじです。

自分で試合の勝ち負けを予想し、試合結果によって当選が決まります。

totoには年齢制限があり、19歳未満の購入はできない決まりがあります。

『スポーツ振興投票の実施等に関する法律』に「十九歳に満たない者は、スポーツ振興投票券を購入し、又は譲り受けてはならない。」と記されています。

宝くじ売り場でtotoは販売されていますが、未成年の場合は確実に購入できないので、注意が必要です。

BIGの購入には年齢制限がある

BIGもtotoと同様に、Jリーグの試合結果によって当落が決まる宝くじです。

totoと違う点は、BIGの場合はコンピューターが勝敗の予想を決める点です。

そのため、サッカーのことをよく知らない方でも、気軽に楽しめますよ。

BIGについても年齢制限が設けられていて、19歳未満の未成年は購入できません。

totoと同様に『スポーツ振興投票の実施等に関する法律』が適用されるので、未成年の方はBIGを購入できないことを頭に入れておいてください。

ナンバーズの購入には年齢制限がない

ナンバーズは、自分で数字を選ぶ宝くじです。

000から999、または0000から9999から好きな数字を選ぶだけで参加できます。

ナンバーズの場合、ジャンボ宝くじやロトと同様に年齢制限は設けられていません。

しかし、今までにも解説したように、売り場によって18歳未満の未成年に販売をしない自主規制をしている場合もあります。

また、当選したとしても保護者の同行が必要になる可能性が高いので、一人で購入するのは実質難しいと思っていいでしょう。

当サイトには、宝くじの買い方についてコツをまとめた記事もあります。

気になる方はぜひ下記記事もチェックしてみてください。

>>【完全保存版】宝くじの買い方のコツは?高額当選者の共通点を公開

【完全保存版】宝くじの買い方のコツは?高額当選者の共通点を公開本記事では、宝くじの買い方のコツについて紹介します。当たる売り場の見極め方や高額当選者の共通点なども解説しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。...

宝くじの購入には年齢制限あり!当選金受け取りにも注意しよう【まとめ】


本記事では、宝くじの購入について年齢制限があるかどうかを紹介しました。

totoやBOGなど、法律で定められている宝くじ以外の商品については、基本的に未成年でも購入可能です。

しかし、年齢制限がなくても、売り場が自主規制するパターンが多いのも実情です。

そのため、未成年が宝くじを購入する場合は、親と一緒に買いに行くことをおすすめします。

また、仮に当選したとしても、当選金額によって未成年だけで受け取れないパターンもあります。

法律で禁止されていないものの、事実上の年齢制限があると捉えられるので、確実に宝くじを購入して楽しみたい未成年の方は、親に手伝ってもらうことをおすすめします。

宝くじに関する年齢制限について知った次は当選確率を少しでも高めたいと思いますよね。

運気上昇を叶えたいあなたのために、今だけ期間限定で金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

2022年を金運に恵まれる一年にしたいなら今のうちから始めておきましょう!

≫プロの金運占いが今だけ無料!2022年をお金に恵まれる最高の年にするには?

【無料】本気で金運をアップさせたい方へ

今だけ期間限定で、金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

金運アップに絶大な効果があると評判になっており、この金運占いを続けている方の中から

  • 宝くじに高額当選
  • 思わぬ臨時収入をゲット
  • 副業が当たって収入が倍増

など
と幸運を引き寄せる方が続出しています。

効果は徐々に表れるので、あなたも2022年を金運に恵まれる一年にしたいなら今のうちから始めておきましょう!

裕福な生活を送りたい方は、最強に効く金運占いで金運アップを呼び寄せてみてください。

\【 期間限定】今だけ無料!! /
▽人気沸騰の金運占いはこちらをタップ▽

月相の金運成就