風水・運気

寅の日とは?2022年のいつ?一粒万倍日や天赦日に並ぶ吉日、やるべき5つの過ごし方を解説

寅の日とは

金運をアップさせたいと思っている方にとって、寅の日は絶対に見逃せない吉日です。

寅の日は金運などにまつわる開運日で、寅の日をうまく使うと運気を上げられます。

本記事では、寅の日の由来や意味、そして寅の日にするべき行動を解説します。

さらに、2022年の寅の日やその他の吉日についても一挙にまとめました。

寅の日にしておくべき行動を理解して、運気アップの計画を立てましょう!

もっと運気を上げたい方のために、今だけ期間限定で金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

2022年を金運に恵まれる一年にしたいなら今のうちから始めておきましょう!

裕福な生活を送りたい方は、最強に効く金運占いで金運アップを呼び寄せてみてください。

少しでも幸運を引き寄せたい方へ↑↑

占いや風水など、運気アップの方法はさまざまです。

しかし、すぐに効果を実感したいなら、まずは金運をアップさせて生活にゆとりを持たせるのがおすすめですよ。

今だけ期間限定で、金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

実際に試した方からは「宝くじに当選した!」「思わぬ臨時収入が入った!」などの声が続々届いています。

2022年をお金に恵まれる一年にしたいなら今のうちから始めておきましょう!

裕福な生活を送りたい方は、最強に効く金運占いで金運アップを呼び寄せてみてください。

\ 無料で金運爆上がり‼️/
▽自然とお金が寄ってくる!!▽
▼金運占いはこちらをタップ▼

電話占いウィル

寅の日の意味とは?金運の良い日の代表

寅の日とは

寅の日は、金運がとても高まる日だとされています。

そのため、お金に関係する物事は寅の日に行うと良いといわれています。

しかし、なぜ寅の日は金運が上がる吉日なのか、また寅の日とは具体的にどういう意味を持っているのかよく知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、まずは以下の2つの内容を解説していきます。

  1. 寅の日とは?
  2. 寅の日の意味

その1:寅の日とは?

寅の日とは、ずばり吉日の中でも「最も金運が高まる」とされている日です。

「寅」は、「虎」の意で十二支の「寅」を表しています。

十二支の由来は中国で、歴史は紀元前にまで遡ります。

古代中国では、年月日を12刻みの周期で数えていました。

そしてある時から、それぞれの数に動物の名前を当てはめるようになりました。

こうして、古代中国では動物の名前で年月日を数えるようになったのです。

金運についてですが、虎の毛皮は黄色と黒の縞模様になっていますよね。

古代中国の人々は毛皮の色を金に見立てたのです。

そうして、虎は金運につながるという意味を持つ動物として、人々から崇められるようになりました。

その2:寅の日の意味

寅の日は金運の他にも旅行などに縁起のいい日だとされ、「旅から無事に戻って来られる」という意味も持っています。

由来は、虎にまつわる故事の「虎は千里行って千里戻る」という言葉です。

これは、虎は「例え千里という長い道のりを走っても、自分の子どものために千里の道を戻る」という意味です。

「虎は千里行って千里戻る」という言葉は、子どもを思う親の行動力や、動物の勢いが盛んであることの例えだともいわれています。

この故事の意味が転じて、寅の日は旅の出発の日取りに良い吉日とされるようになりました。

寅の日にやるべき5つの過ごし方

寅の日とは

寅の日は金運や旅に対して良い吉日だということがわかりました。

それでは、寅の日には具体的にどのように過ごすと良いかを紹介します。

寅の日にするべきことは大きく分けると以下の5つです。

  1. 財布を買う・使い始める
  2. 宝くじを買う
  3. 開業・開設する
  4. 旅行や引越しをする
  5. 車や家具を納入する

その1:財布を購入する・使い始める

1つ目は、財布の購入です。

また、新しく買った財布を使い始める日にも良いとされています。

寅の日に財布を買ったり新しく使い始めると、お金を引き寄せてくれる財布になるでしょう。

さらに、「一粒万倍日」や「天赦日」のような吉日と重なった寅の日は、財布の金運アップ効果がより一層高まります。

近々財布の買い替えを検討している方は、是非寅の日を選んでみてください。

また、以下の記事でも、寅の日以外にはいつ財布を買うのが良いかを解説しています。

その2:宝くじを買う

2つ目は、宝くじの購入です。

宝くじを当てるためには、なるべく金運が高まっているタイミングに宝くじを買いたいですよね。

さらに高額当選を狙うなら宝くじを買う日付だけでなく時間帯にも注目しましょう。

寅の刻は午前3時から5時の間の時間帯を指します。

寅の刻も、寅の日と同じく金運が高まる時間帯だとされています。

寅の刻は真夜中の時間帯なので、ネットで宝くじを購入する時間帯に選ぶのが良いでしょう。

その3:開業・開設する

3つ目は、開業や開設です。

寅の日は物事を始めるのにも縁起の良い日だとされているため、何か新しいことを始めるときは寅の日にすると良いでしょう。

また、寅の日は最も金運を高める吉日なので、特にビジネスの開業や店舗の開店、また銀行口座などの開設にも金運アップの効果を発揮します。

ビジネスならば売上アップを、銀行口座などの開設であればお金を引き寄せるサポートをしてくれることでしょう。

その4:旅行や引越しをする

4つ目は、旅行や引越しです。

「無事に戻ってこられる」という意味から、旅の安全祈願としてよく寅の日が選ばれています。

特に長旅や遠方への旅行であればなおさら、寅の日を出発日に選びたいものです。

また、寅の日は旅行だけでなく引越しにも良いとされている日取りでもあります。

引越し先での平穏無事を願うならば、寅の日に引っ越すようにしましょう。

実は、寅の日が引越しに縁起が良いのはあまり知られていません。

引越しといえば大安に行うのが一般的なので、大安の日は引越し業者が大変混雑します。

そのため、寅の日はスケジュールが大安ほど混み合っておらず狙い目です。

その5:車や家具を納入する

5つ目は、車や家具の納入です。

車や家具などは金額的に比較的大きな買い物ですよね。

大きな買い物をするときは寅の日を選ぶと、買い物に使ったお金が戻って来ますよ。

「借りたお金が帰ってくる」と言われているため、ローンの契約があるような家の購入なども寅の日にするのがおすすめです。

また、「無事に帰って来てくれる」という意味でも、車や家具の納入日も寅の日に合わせると安心でしょう。

大きな買い物をする日には、ぜひ寅の日を選んで金運を味方につけましょう。

寅の日にやってはいけない2つのイベント

寅の日とは

実は、寅の日にはしない方が良いことも存在します。

以下の2つの行事は、寅の日には行わない方がいいとされています。

  1. 入籍や結婚式
  2. 葬式(香典を出すのは最悪)

一見するとどうしてだめなの?と思うようなイベントもあるので、以下で詳しく説明していきます。

その1:入籍や結婚式

1つ目は、入籍や結婚式です。

入籍や結婚は旅立ちとも取れるため、寅の日に行っても良いのでは?と思うかもしれません。

ですが、寅の日の「行ってすぐに戻ってくる」という意味から、結婚しても元に戻る、元の家に戻ってしまうという意味になります。

これらの意味が離婚を連想させるので縁起が良くありません。

別の吉日を選ぶようにしましょう。

その2:葬式(香典を出すのは最悪)

2つ目は、葬式です。

あの世へ旅立った死者がすぐ帰ってくる、あの世へ行けずに戻ってきてしまうなどの意味になるため、寅の日には葬式を避けた方が良いでしょう。

ちなみに、お通夜は故人を偲ぶものだとされているため、お通夜は行っても大丈夫なようです。

また、寅の日に香典を出すのは「香典を出してもすぐ帰ってきてしまう」という意味になってしまいます。

そうすると、寅の日に香典を出した家の身内にまた不幸が起こるという縁起の悪い意味になります。

他の家の人に不幸があった時、香典を出す日が寅の日と被っていないかは気を付けるようにしましょう。

さらに少しでも幸運を引き寄せたい方は、今だけ期間限定で金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

2022年をお金に恵まれる一年にしたい方は、今のうちから始めておきましょう!

≫プロの金運占いが今だけ無料!2022年をお金に恵まれる最高の年にするには?

寅の日と他の吉日【一粒万倍日や天赦日も知っておこう】

寅の日とは

寅の日の他にも、運気アップには欠かせない吉日があります。

吉日が複数重なっている日はより運気が高まるので、他の代表的な吉日を知らなかった方は要チェックです。

今回は以下の2つの吉日を紹介します。

  1. 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
  2. 天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)とは

一粒万倍日は、「一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、それが立派な稲になる」という意味を持つ吉日です。

一粒万倍日に行動を起こすと大きな成果を結ぶと言われています。

一粒万倍日は一般的に、お店の新規開店などにおいて縁起の良い日取りです。

逆に、万倍になって返ってきては困るような借金などにおいては凶日となってしまうので注意が必要です。

一粒万倍日にやると良いことは?

財布の買い替えや使い始めは一粒万倍日に合わせるのがおすすめです。

財布の購入や新調を一粒万倍日に行うと、お金が舞い込む財布になるでしょう。

一粒万倍日は新しく行動を起こすときに選びたい吉日です。

心機一転何かを始める日には一粒万倍日がぴったりでしょう。

また、結婚式や入籍の日を一粒万倍日にすると「幸せの種が大きく実る」とされています。

結婚式の日取りなどは大安のような吉日も良いとされていますが、一粒万倍日に式を挙げると幸せを育てていこうという気持ちになれそうですよね。

一粒万倍日にやってはいけないことは?

一粒万倍日は、悪い事も大きくしてしまいます。

借金やローン契約を一粒万倍日にしてしまうと、借金やローンの額が膨らんで返済までの期間が延びるなど金運が下がってしまうでしょう。

人から物を借りるのもNGで、返せなくなって対人トラブルに発展してしまいます。

また、一粒万倍日には人間関係のいざこざも要注意です。

喧嘩が中々収まらず関係が悪化したり、それに付随するトラブルも収束するまで時間がかかってしまいます。

一粒万倍日には、人との衝突はしないようにくれぐれも気をつけてください。

下記の記事でも一粒万倍日にしてはいけない行動について解説していますので、気になる方は参考にしてみてください。

天赦日(てんしゃにち・てんしゃび)とは

天赦日は「天が罪を許す(赦す)日」であり、あらゆる障害が取り除かれると言われる吉日です。

天赦日は新しい行動を起こすのに良い日だとされています。

また、今まで躊躇していたようなことや諦めてしまっていたようなことを始めるのに適した日とも言われています。

逆に、終わりを連想させるような意味合いを持つ出来事は避けた方が賢明です。

天赦日にやると良いことは?

天赦日には、金銭関連の行動や新しいことを始めるのが良いとされています。

財布の購入・使い始めを天赦日にすると、お金を引き寄せられる財布になるでしょう。

他にも、お金に関することとして銀行口座を作ったり宝くじを買うのもおすすめです。

また、天赦日に結婚、結納などを行うと夫婦関係が末永く続くそうです。

欲しかったけれど買うのを見送っていたものを購入したり、前からやってみたいと思っていた習い事を始める日などにも良いでしょう。

天赦日にやってはいけないことは?

「終わり・辞める」という意味合いの行動は、天赦日にはおすすめできません。

例えば、仕事を辞める日や店舗の閉店日などが天赦日に重なってしまうと、その後の運気に影響が出てしまいます。

また、「天が罪を許す日」だからといって世間的に良くない行いをしても許されるという訳ではありません。

運気をアップさせるためにも、吉日や凶日に関わらず普段から正しい行いを心がけるようにしましょう。

2022年の寅の日はいつ?寅の日と一粒万倍日や天赦日が重なる開運日も紹介

寅の日とは

寅の日や一粒万倍日などに合わせて財布を買い替えたり、大きな買い物をしたくなったという方も多いと思います。

そうすると、開運日は今年の何月何日に当たるのかが気になりますよね。

ここからは2022年の開運日を以下のように紹介します。

  1. 2022年の寅の日
  2. 寅の日と一粒万倍日や天赦日が重なる開運日

吉日が合わさると、バラバラの吉日よりも運気アップの効果が高まるラッキーデーとなります。

寅の日と一粒万倍日や天赦日が組み合わさった日はかなり強力な開運日であり、絶対に見逃せません。

2022年の寅の日

2022年の寅の日は以下の表の通りです。

後述しますが、寅の日が不成就日と重なっている場合は注意が必要なため、不成就日も合わせて掲載しています。

重なっている不成就日
1月 1日、13日、25日 1日
2月 6日、18日
3月 2日、14日、26日
4月 7日、19日
5月 1日、13日、25日
6月 6日、18日、30日
7月 12日、24日 12日
8月 5日、17日、29日
9月 10日、22日
10月 4日、16日、28日 4日、28日
11月 9日、21日 21日
12月 3日、15日、27日

 

寅の日と一粒万倍日や天赦日が重なる開運日

以下は一粒万倍日と天赦日をそれぞれ表した表です。

一粒万倍日 天赦日
1月 11日、14日、23日、26日 11日
2月 5日、10日、17日、22日
3月 1日、9日、14日、21日、26日 26日
4月 2日、5日、8日、17日、20日、29日
5月 2日、14日、15日、26日、27日
6月 9日、10日、21日、22日 10日
7月 3日、4日、7日、16日、19日、28日、31日
8月 10日、15日、22日、27日 23日
9月 3日、11日、16日、23日、28日
10月 5日、8日、11日、20日、23日 22日
11月 1日、4日、16日、17日、28日、29日 7日
12月 12日、13日、24日、25日

以上の表より、2022年の吉日が重なる開運日は2回あります。

1つ目は3月14日で、寅の日と一粒万倍日が重なる開運日です。

そして2つ目は3月26日で、寅の日と一粒万倍日、天赦日の3つが全て重なる開運日です。

ちなみに、次に寅の日と一粒万倍日、天赦日の3つの吉日が重なる開運日は2023年の3月15日となっています。

【注意】寅の日と不成就日が重なる時は慎重になろう

寅の日とは

不成就日とは、読んで字の如く「万事成就しない、成功しない、悪い結果だけを招く」という意味を持つ凶日です。

そのため、不成就日にはなるべく何もしない方が良いのです。

たとえ寅の日であっても、不成就日が重なっている日は避けてください。

運気を下げてしまわないように、寅の日と不成就日の一覧表を参考にして気をつけましょう。

2022年の寅の日に金運アップさせよう【まとめ】

寅の日とは

寅の日や一粒万倍日、天赦日について理解できたでしょうか。

これからは寅の日をしっかりチェックして、金運アップのタイミングを逃さないようにしましょう!

運気上昇を叶えたいあなたのために、今だけ期間限定で金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

2022年を金運に恵まれる一年にしたいなら今のうちから始めておきましょう!

≫プロの金運占いが今だけ無料!2022年をお金に恵まれる最高の年にするには?

【無料】本気で金運をアップさせたい方へ

今だけ期間限定で、金運が上昇する『特別な金運占い』が無料で受けられます。

金運アップに絶大な効果があると評判になっており、この金運占いを続けている方の中から

  • 宝くじに高額当選
  • 思わぬ臨時収入をゲット
  • 副業が当たって収入が倍増

など
と幸運を引き寄せる方が続出しています。

効果は徐々に表れるので、あなたも2022年を金運に恵まれる一年にしたいなら今のうちから始めておきましょう!

裕福な生活を送りたい方は、最強に効く金運占いで金運アップを呼び寄せてみてください。

\【 期間限定】今だけ無料!! /
▽人気沸騰の金運占いはこちらをタップ▽

電話占いウィル